水谷流藤井システム

藤井システムの思想に基づいて四間飛車の本質を探究していた人のブログ

実戦譜31(▲居飛車穴熊)

http://shogiwars.heroz.jp:3002/games/2016Pona-mztn7-20160201_210113

開始日時:2016/02/01 21:01:13
棋戦:将棋ウォーズ(10秒将棋)
先手:2016Pona 九段
後手:mztn7 六段
▲7六歩 △3四歩 ▲7八金 △4四歩 ▲6六歩 △4二飛
▲9六歩 △9四歩 ▲4八銀 △7二銀 ▲5八金 △5二金左
▲6八銀 △6二玉 ▲5六歩 △6四歩 ▲5七銀右 △7一玉
▲2六歩 △8二玉 ▲6九玉 △5四歩 ▲7七角 △7四歩
▲6七金右 △6三金 ▲7九玉 △3二銀 ▲2五歩 △3三角
▲8八玉 △7三桂 ▲9八香 △8四歩 ▲9九玉 △8三銀
▲7九銀 △7二金 ▲3六歩 △4五歩 ▲8八銀 △8五歩
▲5九角 △4三銀 ▲2六角 △4四銀 ▲6八銀 △5五歩
▲7九銀右 △5六歩 ▲同 金 △1四歩 ▲1六歩 △5二飛
▲5八飛 △2二角 ▲5五歩 △3五歩 ▲同 歩 △5五銀
▲同 金 △同 飛 ▲同 飛 △同 角 ▲5一飛 △6六角
▲6七歩 △8八角成 ▲同 金 △2八飛 ▲6一銀 △7一金
▲5二銀不成△6二金引 ▲1七角打 △2九飛成 ▲3四歩 △7二金打
▲7一飛成 △同 金 ▲6二角成 △同 金 ▲同角成 △7九龍
▲7八金打 △同 龍 ▲同 金 △7二金 ▲同 馬 △同 銀
▲8八金打 △4四角 ▲6三金 △7一銀 ▲6一金 △8八角成
▲同 金 △4四角 ▲7一金 △8八角成 ▲同 玉 △5八飛
▲7八銀 △7九銀 ▲9七玉 △5二飛成 ▲7二金上 △同 龍
▲同 金 △同 玉 ▲5四角
まで111手で先手の勝ち


2手目: 私は相掛かりや角換わり系の将棋が好きで2手目は△84歩を指すことが多いですが気分転換に△34歩を指すこともあります.
3手目: 手堅い一手.
4手目: 私は先手番の四間飛車を好んでいるため後手番の四間飛車を指すことは殆どありませんが▲78金を見て指してみたくなりました.
5手目: 疑問手と思います.▲48銀が最善手でしょう.
6手目: 2016Ponaは四間飛車に対して端歩を突くことを好みます.
32手目: 後手が作戦勝ちをしていると思います.
33手目: 穴熊を明示しました.
34手目: 陣型の差で後手が少し得をしているので穏やかに銀冠に発展させます.
41手目: 先手は左銀の動きで定跡形に較べて2手損しています.2016Ponaは対振り飛車で金や銀の動きで手損をすることが多いです.
42手目: 悪手.△85歩の主なメリットは自玉の懐が拡がることと終盤で△84桂などの手筋が生じることですが,△85桂の余地がなくなったり84の空間が逆にキズとなる(▲84香や▲84桂を打たれる)デメリットもあります.特に本譜は端の突き合いがあり端攻めの仕掛けが早くなっているため△85桂が強力になります.△85歩に代えて確実に得になる△43銀を指すべきでした.非常に勿体無いことをしました.
49手目: △85歩により仕掛けが遅れてしまったため,▲68銀~▲79銀引を許してしまいました.
52手目: △15角からの角交換を狙います.
56手目: △13角を狙う▲26角型に対する常套手段です.矢張り△85歩を指してしまったことにより随分と形勢を損ねてしまっています.
67手目: 好手.67の空間のキズを消しながら△88角成を催促をする受け.
68手目: 一目は形が良いので後手が少し良いように感じていました.
69手目: この手が思いの外厳しかったです.
75手目: 好手.この手を読んだ上での67手目▲67歩でした.
91手目: 好手.寄せの速度の差が明瞭になり後手が負けになっていると思います.

総括: 序盤で先手が手損をしたことにより後手は△32銀型銀冠に組むことができ作戦勝ちになりました.然し42手目△85歩が悪手で終盤で一手届かない将棋になりました.中盤以降,▲67歩・▲17角打・▲88金打などの正確な読みに基づいた好手が見られました.

広告を非表示にする